TOP > コラム > 介護士と看護師の仕事の基本

介護士と看護師の仕事の基本

 最近では介護士の需要がどんどん増えてきています。彼らの仕事は、患者のお世話をするのが一般的です。
 例えば病院での彼らの役割は、看護師の支持などを受けて、入院患者などの入浴介助排泄介助、歩行の際の付き添い、情報収集、などを行います。
 医療には基本的に携わることはありませんが、時折認められている範囲内で、医療行為を行います。ここではさらにより詳しく、初心者にもわかるように基礎的な仕事内容などをまとめています。
 また、彼らの日常生活を表に分かりやすくまとめています。子育てをしながら、主婦として、自分の家族の世話をしながらどのように両立ができるか参考になります。
 就職は自分の生活に影響することなので、ここで仕事内容の知識を得て、将来に備えられます。


 看護師は、夜勤などがありますが、介護士も同じように夜勤の仕事があります。ここではどのような夜勤の仕事があるのかを具体的にわかりやすく述べます。
 また、それぞれの仕事の種類の違いも述べています。就職前に頭の中でイメージしておくことは大切です。
 また、このサイトでは、実際に夜勤を行った人などの経験などがあります。初めてこれらの業界に入る人は今後の仕事に参考となります。
 もし就職を考えていたり、実際に決まっていたりするならば、仕事に対する不安や悩みをここで取り除くことが出来ます。
 また、就職活動などでの悩みなどの相談は、相談できるコーナーで相談することも可能です。


 看護師と、介護士の給料はそれなりに大きく違ってきます。どれだけの給料をもらって働いているのか、基本的なデータをまとめています。
 どれだけの給料をもらっているかを知りたい時は参考に出来ます。ただし、病院や施設によって違ってくることは頭に入れておく必要があります。
 また、ボーナス、なども施設によって違ってきますが、ここでは大まかに記載しているので、今後のいい資料となります。
 お給料が上がったりすることは基本的にありませんが、会社によってはそれぞれのシステムがあります。実際に自分が働きたいと考えている施設での情報は、施設の求人などを参考にしたり働いている人に聞いて見ることも出来ます。
 またさらに、ここでは、この現場での就職に成功するために役立つよう、基本的に面接などで聞かれることをまとめています。
 また、履歴書の詳しい書き方なども参考に出来ます。就職に成功した人たちの経験談も参考になるので、就職活動中に目を通しておくことは役立ちます。

次の記事へ